日常生活に関する案件から、企業法務まで。大江洋平法律事務所

中文  ENGLISH

blog

大江洋平のブログ


「甲午戦争(日清戦争)120周年座談会」に関する記事掲載
2014.04.28

4月25日発売の人民日報海外版日本月刊5月号に、

当事務所と「人民日報海外版日本月刊」「日本新華僑通信社」「現在中国報」各紙の共催で、4月2日に開かれた

「甲午戦争(日清戦争)120周年座談会」の記事が掲載されました。

座談会の様子は、中国のテレビでも放映される予定です。

 

(译文)

4月25日发行的人民日报海外版日本月刊5月号刊登了4月2日,本事务所和《人民日报海外版日本月刊》、《日本新华侨通信社》、《现在中国报》共同举办的关于《甲午战争120周年座谈会》的报道。

座谈会过程将在中国国内的电视节目中播放。

コメントを残す



日本的托儿所和幼儿园
2014.04.24

在日本托儿所(保育园)和幼儿园的选择

 

日本的保育园与幼儿园有什么区别呢?

保育园是隶属于厚生劳动省,根据儿童福祉法运营; 幼儿园是隶属于文部科学省,根据学校教育法运营。通俗的说,保育园是代替父母托管孩子的地方;幼儿园是上学之前进行教育的地方。因此,般情况下父母双方因种种原因都无法照看孩子的时候,选择保育园的比较多。

下列表列出一些保育园和幼儿园的不同之处。

  保育园 幼儿园
老师的资格 保育士资格证明书 幼儿园教育执照
老师的人员数 0岁3人一名;1、2岁6人一名;3岁20人一名;4、5岁30人一名 一个班级(35名以下)一名
年龄 一般出生57日开始~入学前 三岁~入学前
时间 原则上一天8个小时

一般都有延长保育

没有暑假等长期假期

原则上一天4个小时

一年教育期间要达到39周

有暑假等长期假期

午餐 集体伙食(给食)+零食 集体伙食或者盒饭(妈妈便当)
申请方式 市区町村的教育负责窗口 直接向幼儿园申请
费用 根据家长的纳税情况市区町村长决定

费用交到市区町村

设立者决定

费用直接交到幼儿园

 

选择保育园也好,幼儿园也好一定要从自身家庭状况考虑,每个保育园、幼儿园的教育模式、对宝宝的要求程度也不一样,家长要根据自家宝宝的性格来选择适合宝宝的保育园或者幼儿园。而且还要考虑离家、离电车站、离公交车站的距离以及接送的时间和方式。

现在因保育园的数量有限,很多宝宝都等待进入保育园。除了认可保育园以外,也可以选择认可外保育园。认可外保育园种类也很多,主要有:地方政府扶持的保育室(一般接收出生后43日到3岁宝宝)、在自家照看孩子的保育妈妈、民间上运营的临时保姆等。

还要注意的一点是,保育园和幼儿园招4月份入园的宝宝最多,其申请时间一般为前年的11月份。

每个地方的保育设施的情报进入该地区的市区町村的网页都可以看到,也可以到市区町村的教育窗口咨询。

 

平成26年3月13日《東方時報》、平成26年3月15日《新華時報》に「日本での保育園と幼稚園」という記事を掲載しました。

コメントを残す



甲午戦争(日清戦争)120周年座談会
2014.04.17

今年は、日清戦争(中国では甲午戦争と呼びます)120周年にあたります。

この戦争は日本の近代史上、初めての対外戦争である一方、中国近代史においても重要な戦争の一つであり、日中両国の近代化の進みに多大な影響を与えました。

日清戦争の今日的意義が何なのかを振り返ることは、日中両国にとって大変意義のあることです。

そこで、4月2日、日本記者クラブにおいて、当事務所と「人民日報海外版日本月刊」「日本新華僑通信社」「現在中国報」各紙の共催で、「甲午戦争(日清戦争)120周年座談会」が開かれました。

パネラーは、私の他、

都留文科大学前学長で歴史学者の加藤祐三氏、

慶応義塾大学環境情報学部特別招聘教授の藤原洋氏、

北京大学、南京大学客員教授の宮川俊彦氏、

『現代中国報』編集長の郭均成氏、

香港在住のジャーナリストの楊錦麟でした。

楊錦麟氏は、香港フェニックステレビのキャスターとして活躍し、中国最優秀テレビ番組賞などを授賞した著名なメディア人です。

司会は、「人民日報海外版日本月刊」編集長の蒋豊氏がお努めになりました。

約2時間にわたり白熱した議論がなされました。

詳しい座談会の内容は、「人民日報海外版日本月刊」5月号等に掲載される予定です。

また座談会の様子は、中国のテレビでも放映される予定です。

 

译文

今年是甲午战争120周年。

甲午战争在日本近代历史上是最初的对外战争,在中国近代史上也是重大事件,对中日两国的近代化的发展史上影响其深。

120年后的今天,回顾甲午战争,对现在的中日两国关系具有十分重要的意义。

因此4月2日,在日本记者俱乐部,本事务所和《人民日报海外版日本月刊》、《日本新华桥通信社》、《现在中国报》等共同主办下召开了《甲午战争(日清战争)120周年座谈会》。

座谈会由《人民日报海外版日本月刊》的总编辑蒋丰担任主持。

出席者嘉宾为本事务所的大江洋平律师以及

都留文科大学前校长、历史学者 加藤祐三

庆应义塾大学环境情报学部特别招聘教授 藤原洋

北京大学、南京大学学校客员教授 宫川俊彦

《现代中国报》总编辑郭均成

香港的新闻工作者杨锦麟,杨锦麟曾在香港凤凰卫视担任主持,是受过中国最优秀电视节目奖等的著名新闻媒体工作者。

激烈的讨论大约持续了两个小时。

座谈会的详细内容将刊登在《人民日报海外版日本月刊》5月号,而且将在中国国内的电视节目中播放。

コメントを残す