日常生活に関する案件から、企業法務まで。大江洋平法律事務所

中文  ENGLISH

blog




ビザ申請の手引き–家族滞在
2015.10.16

签证申请入门指导

——家族滞在

 

<家族滞在>在留资格是,作为被持有入管法别表第1中,<教授>开始到<文化活动>(其中排除<技能实习>)以及<留学>在留资格的人士抚养的配偶者或孩子而进行日常活动。

内容

所谓<配偶者>,是指正在婚姻之中人,不包括死者与离婚之者。而且,婚姻必须是有效的婚姻,不包括非婚姻关系中的人。

<被抚养的配偶者或孩子>中,所谓<被抚养>是指有必要接受抚养或被抚养着。若作为夫妻,在经济上应是依赖关系;若作为孩子,应是要受监护教育的状态。因此不包括经济上独立的配偶者,而包括已成年还要被抚养的孩子。

即使持有<家族滞在>的在留资格,入境目的不是依靠配偶者或父母,而希望独立从事个别活动时,得相应变更在留资格。

所谓<日常生活>,是指从事家务活动等作为家族成员的一员通常所进行的活动,也包括在教育机关接受教育活动等,作为家族成员的一员不违反居留认可的活动。但是<家族滞在>在留资格所允许的活动里不包括就劳活动,因此想找工作时,需要得到资格外活动许可。

持有<家族滞在>在留资格的外国人,其作为抚养者的配偶者或父母在日本期间才可留在日本。

 

给予的在留期间

5年、4年3个月、4年、3年3个月、3年、2年3个月、2年、1年3个月、1年、6个月、3个月

 

平成27年4月23日《東方時報》、平成27年5月16日《新華時報》に「ビザ申請の手引き–-家族滞在」という記事を掲載しました。

中国交通銀行での座談会・交流会
2015.10.01

平成27年9月25日、中国交通銀行(Bank of Communications)東京支店で、日中ビジネスに関する座談会・交流会が開かれ、私も招待されました。

交通銀行は、1908年に中国で設立された100年以上の歴史を持つ銀行で、

中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行、中国農業銀行とともに中国の5大銀行に数えられています。

1995に東京支店が開設され、今年で20年の節目に当たります。

座談会・交流会には、交通銀行東京支店の夏慧昌支店長のほか、

中国駐日大使館経済商務処の劉亜軍公使もご出席されました。

 

在中国交通银行的座谈会•交流会

 

2015年9月25日,在中国交通银行东京支店,召开中日商务有关的座谈会•交流会。我也被邀出席。

中国交通银行是建立于1908年,已有100多年的历史,与中国工商银行、中国建设银行、中国银行、中国农业银行一起称之为中国5大银行。1995年在东京开设支店,今年迎来20周年。

本座谈会•交流会除了交通银行东京支店的支店长夏慧昌以外,还出席了中国驻日大使馆经济商务处刘亚军公使。

 

簡易裁判所の支払督促
2015.09.18

简易法院的支付督促

平成27年4月16日《東方時報》、平成27年5月2日《新華時報》に「簡易裁判所の支払督促」という記事を掲載しました。

簡易裁判所の民事調停
2015.09.17

 

简易法院民事调停

平成27年4月9日《東方時報》、平成27年4月25日《新華時報》に「簡易裁判所の民事調停」という記事を掲載しました。

簡易裁判所の少額訴訟
2015.09.17

 

简易法院少额诉讼

平成27年4月2日《東方時報》、平成27年4月18日《新華時報》に「簡易裁判所の少額訴訟」という記事を掲載しました。